生姜の効果効能

生姜の効果効能

しょうがの効能は、抗炎症作用・鎮痛作用・血液サラサラ効果・血行促進作用・殺菌作用・健胃・整腸作用など、
特に冷え性の改善に効果のある血行促進作用に注目してみたいと思います。

生姜は東洋医学では欠かせない食品として有名ですよね。
そもそも、体を温めること(冷えを取ること)が健康の秘訣として
知られた昨今では、生姜に対する効果効能に関しても
羨望の目が向けられるようになりました。
 
しょうがの成分として有名なものに、「ジンゲロール」と「ショウガオール」という成分があります。生のしょうがには「ジンゲロール」が多く含まれていて、しょうがを加熱して乾燥させると「ジンゲロール」が変化して「ショウガオール」という成分になります。

血管を拡張させ血行を促進し、体を全身から温めてくれるのがこの「ショウガオール」の働きです。他にも血管を健康に保つ機能があり、血液サラサラ効果や健胃・整腸作用なども「ショウガオール」の特徴です。

生姜は慣行農法と無農薬農法の、大きく分けると二つの作り方がありますが、
無農薬の生姜は皮をむかずに使用できるという意見が多く聞かれます。

もちろん、オーガニックや無農薬の方がなんとなく体にいいことは知られているので、
当然かもしれませんが、できれば国産の無農薬の生姜を毎日取りたいものですね。

カテゴリー: 生姜の話 | コメントは受け付けていません。