ガリと新生姜の甘酢酢漬けの話

知ってるようで知らないガリのこと

お寿司の脇についてくる「ガリ」ですが、
今日はその知ってるようで、知られていない「ガリ」に関して
書いていこうと思います。

まずは、これ知ってますか?

ガリと紅生姜の違い

これは作り方の違いにあります。
ほとんどのガリが
大まかな作り方ですが、

新生姜を薄くスライスして、
甘酢に漬けたものが「ガリ」

新生姜を千切りにして、
梅酢に漬けたものが「紅ショウガ」

すごくざっくりなんですが、これが違いなんです。

そして、用途もちょっと違いますね。

「ガリ」は主にお寿司が多いですが
「紅生姜」はお好み焼き、ラーメン、たこ焼き、牛丼
など、いろんなところでメインの食事を支えています。

それでは、これはどうですか?

ガリと新生姜甘酢漬けの違い

わかります?

ガリと新生姜の甘酢漬けは同じです。
ですが、「甘酢漬け」という言葉は「らっきょう」だったり「カブ」だったり
いろんな野菜または魚まで使われることが多く
誤解を生じさせないためには「生姜の甘酢漬け」と言った方がよく

厳密にいうと「新生姜の甘酢漬け」で

更にいうと「ガリ」は
寿司屋の符丁(業界用語)です。

あがり・・・お茶
しゃり・・・寿司飯
おあいそ・・・お勘定
がり・・・新生姜の甘酢漬け

ガリ(甘酢漬け)は新生姜じゃないとダメ?

これも多い質問なんですが、
別に新生姜で作る必要はありません。
(その代わり、辛味が強かったり、繊維質だったりしますのでご注意を)

しかし、最近テレビなどで「酢生姜」なるものが頻繁に取り上げられており
根生姜で作る甘酢漬けが「酢生姜」で

ガリ(甘酢漬け)は新生姜というカテゴリーの
分け方があるように思います。

それともう一つこれはご存知ですか?

はじかみ(薑)

日本では古来「辛いものの総称をはじかみ」と呼んでいましたが
最近では、日本料理の焼き魚などの脇に添えられているイメージで
生姜の種類というよりは「料理名」になってしまっているのですが
「はじかみ」というものがあります。

つまりカテゴリー的にはこうなります。

日本の外食産業で使われるガリ

世界規模で見ると生姜の生産の1位2位は中国とインドです。
日本は9位10位くらいで生姜を生産しているのですが、
日本で消費されるガリのほとんどは海外の生姜で賄われています。

日本の外食産業で使われる「ガリ(甘酢漬け)」の多くは中国産
ついでタイ産。

タイよりも中国が使われる理由は金額が安いからなのですが
品質は全般的に見るとタイ産の生姜が品質的には上だと思います。

カテゴリー: 生姜の話 パーマリンク