生姜の植え方のコツ

生姜の芽が出てくるのはだいたい6月ごろ。
あまり深く植えてしまうと、なかなか地表に出てきてくれません。

かといって浅く植えてしまうと、今度は生姜が地表に飛び出てしまって
周りの土を被せてあげなくてはなりません。

そして被せても風でその被せた土が飛んでいってしまって
また被せたりと少々面倒だったりします。

ですので、生姜をプランターに植える時は
少し土をくぼませてから、浅めに生姜を植えるとちょうどいいように思います。

そうすれば早めに芽が出たのも確認することができるし
生姜が地表に出てしまって、土を被せたとしても

くぼんだ部分に土をのせることになるので
風で飛んでいくこともそんなにはないかと思われます。

生姜をプランターで育てようと考えている方は
ぜひお試しください。

カテゴリー: 生姜の話 パーマリンク