生姜の成長

生姜の芽が地表に出でくると
最初に1本目の茎が伸びてきます。

1本目の茎のことを 『1次茎』 と呼びます。

その脇に小さな芽が生えてくるのですが
それを 『2次茎』 と呼びます。

その後 『3次茎』 、『4次茎』 と増えていきます。

大きいものだと 『6次茎』 になったりもします。

畑じゃないと大きくならないのではと思うかもしれませんが、
生姜をプランターで育てても、うまく育てることができれば
意外と大きくそだつものです。

ここまで育ってくると、地表に生姜が出てくる場合もあります。

その場合には、日焼けをしないように上から土を
被せてあげましょう。

生姜は半日、半日陰を好みますので、日当たりには注意しましょう。

カテゴリー: 生姜の話 パーマリンク