生姜のカビ

野菜ってそのまま放置してたら、カビが生えますよね。

生姜も生えるんですが、
生姜の場合はちょっと違うんですよ。他とは。。。。

生姜のカビ

一般的にカビの生えやすい時期って
湿度の高い梅雨から夏に掛けてですよね。

生姜に関しては時期が違うんです。

しょうががカビやすいのは、
1月〜3月にかけてなんです。

どういうことかと言うと、
生姜は湿気に強いんです。

もともと、生姜の保存方法としては湿度90%室温15℃が
適正と言われているので、湿度が高いのは生姜にとっても
とても快適な事なんです。

ですので、じめじめする梅雨時にはカビが生えないのですが、
1月〜3月にかけては生姜にカビが生えます。

理由は実は分かっていないんです。
一説には、収穫した生姜は一旦寝かせるので、
その寝かせて間もない生姜がカビやすいのではないか?
という話も出ていますが、、、、、

真相はわかりません。

まだまだ生姜には謎が多いですね。
早急に解明しなければ。。。。

カテゴリー: 生姜の話 パーマリンク