新生姜の赤い部分はアントシアニン

梅雨も開けそうですね。
だんだんと、夏が近づき、新生姜の季節になって来ました。

ところで、みなさんは、新生姜の茎が赤い事を知っていますか?

では、あの赤い色素の元となるのはなんでしょう?

season_06_pic02

実はあれは、アントシアニンなんです。

アントシアニンの働きの中でまず着目したいのは、抗酸化作用についてです。
活性酸素に対してその効能・効果を発揮します。

そもそも、生活習慣病の90%は活性酸素が原因ともいわれていますから、
大変多くの病気に対して効果があるというわけです。

アメリカにおいて、ガンや老人性痴呆症の予防効果を
示唆するという研究結果が報告されています。

美容健康に関心の高い人の中では、
アントシアニンは既にあたりまえなんですが、
まだまだ知らない人も多いですよね。

新生姜を使って、酵素ジュースを作る人もいるのも
なんとなく納得がいきます。
アントシアニンを取りたいんですね。

カテゴリー: 生姜の効果効能 パーマリンク