生姜は収穫後寝かせる野菜

生姜は夏から秋に掛けて収穫します。
その収穫した生姜を「新生姜」と呼びますが、

その「新生姜」を寝かせることで、
一般的に流通している「生姜」になります。

この寝かせるという行為ですが、
野菜の中では珍しい行為で、ジャガイモカボチャなどが
収穫後寝かせる事がありますが、
劇的に味が変わるのが「生姜」ではないでしょうか?

「新生姜」と「生姜」を同じ物である事を知らない人もいるくらいですから。。。。

hozontekion

大根なども寝かせたりしますが、
あれは、どちらかというと保存食に近い気がしますよね。
いや、加工食品でしょうか。

タマネギもぶら下げてたりしますが、
あれも、味が劇的に変わるわけではないので、
保存食という色が強いかもしれません。

ちょっと考えてみたんですが、
意図的に寝かせて、更に味が変わって、そして、年中出荷できる野菜って
なかなかないですよね。

だから「旬」が分かり憎かったりするんでしょうけどね。。。。

カテゴリー: 生姜の話 パーマリンク